セラピーのご相談やご質問がございましたら、下記フォームよりお問い合わせください。
2営業日以内に確認し、ご対応させていただきます。

パンフレットはただいま製作中です。しばらくお待ちください。

対人援助職の方に向けての「基礎から始める心理劇」はこちらからどうぞ。
基礎から始める心理劇(PDF)を見る 

ご所属必須
ご提供いただいた個人情報は、守秘義務に基づいて厳重に管理し、ご相談内容の対応のみに使用させていただきます。
法令等による場合を除き、ご提出いただいた個人情報はご本人の承諾なしに第三者に提供することはありません。

宇野 寛子 Hiroko Uno

  • 作業療法士・社会福祉士・公認心理師
  • SE™プラクティショナー(SEP)
  • ドラマセラピスト
  • 日本心理劇学会 理事
  • 日本心理劇学会認定ディレクター
  • 東京サイコドラマ協会認定ディレクター
  • 北米ドラマセラピー協会 ATトレーニー

経歴

  • 静岡県内の一般病院で7年間医療ソーシャルワーカーとして勤務
  • 愛知県に転居し、作業療法士を取得。精神分析を学ぶうちに精神科に興味を持ち、愛知県三河地方の精神科病院へ入職し22年間勤務。
  • 作業療法士として勤務しながらサイコドラマやドラマセラピー、アーツセラピーなどを学ぶ。
  • 臨床現場でのドラマセラピーの実践、スタッフのためのドラマセラピーやサイコドラマ、アートセラピーを企画、実践経験を通じて効果を実感。
  • もっと身近にドラマセラピーやサイコドラマ、アーツセラピーを広げたいと2022年1月に起業。
  • 2020年日本福祉大学大学院医療福祉マネジメント研究科社会福祉分野卒業学位修士

活動実績

平成25年から令和2年まで 愛知グループ療法研究会主催で13回の研修会と、サイコドラママラソングループを5回主催している。参加者は毎回8名から25名。
その他、学術大会の事務局や発達支援学会等で愛知県内、県外でのサイコドラマのスタッフを実施している。
また、学術大会でドラマセラピーやサイコドラマの実践・研究発表も行っている。
※愛知グループ療法研究会の活動実績はこちら(別紙PDF)